読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ帳DPA

ぐぐってあまり引っかからないような何かがあったら書いたりする

接触不良になった各種電子機器の接点を鉛筆で修復する

最近知って感動した。
何か4〜5年以上前からあったようですが(コンタクトZとか言うらしい)、各種Lifehackサイトでこの内容見た覚えないし、紹介記事が古い&説明が少々回りくどいのでメモ。

まずは結論

使っているうちにだんだん接点が弱り、いわゆる"接触が悪い"状態になった時
「鉛筆で接点を塗る」
ことで接触不良を改善できる。(シャープペンシルは添加物があるので鉛筆が良い)

改善の理由

鉛筆で塗ることで、

  1. 導電性UP
  2. 研磨
  3. 潤滑

の三つの効果が得られるため(らしい)。

利用

  • ワイアレスマウスの充電用の接点
  • 携帯の充電用端子
  • 各種ケーブル

等々、基本的には何でも使える模様。
最初は鉛筆で塗るのに抵抗を覚えるかもしれないけれども気にせずに。もし不満なら消しゴムで消えるし。

ナノカーボンやら接点復活剤が量の少ない割にいい値段で売ってますが、鉛筆で十分に効果が得られる上、(少なくとも自分は)効果の差が分からないので、鉛筆さえあれば不要かと。